世界

愛では君を救えない。救えるのは力だけだ
社会科の点数なんてどうでもいい。僕は世界が変わるのが見たかったんだ
人生に確かなことなんてない、それだけが確かなことなんだ
なぜみんな戦争をすることばかり考えて、止めることを考えないのだろう
恋人同士の喧嘩は恋の更新なり。
私が今ここに立っていられるのは、人生を共にする女性が、愛とはどんなものであるかを教えてくれ、今も毎日それを示してくれるおかげです
女同士の友情はいつも第三の女に対する陰謀にすぎない。
あるべき姿ではなくありのままの人間を受け入れよう
毎日毎日あらゆる面で僕はどんどん良くなってる。
お前が生きてるこの世界は、愛する人や生きる厳しさを与えてくれた世界と同じなんだ。
人生で何が待ちかまえていようと、僕は決してこの言葉を忘れない。偉大な力には、偉大な責任が伴う。
怖いのはみんな同じだ。だがそこで何が出来るかで男が決まる
愛とは決して後悔しないこと
子供はみんな金色の輝きを持っている、金色のままでいろよ、夕日を見るたびに
価値のある良いことは、時間も手間もかかること。
一つの命を救える人は、世界も救える。
銃が人を殺すんじゃない。退屈が人を殺すんだ
群衆の一員でいることは、まったく気楽なことだ。
人間は見慣れているものが目の前にあるあいだは、
見慣れていないものをほとんど信じられなくなっている。
成功には何のトリックもない。私は私に与えられた仕事に全力を尽くしてきただけだ。
黄金は熱い炉の中で試され、友情は逆境の中で試される。
愛してるとは何回も言ったけど、ありがとうとは言った事がなかった。
笑うときは世界と一緒でも泣くときはお前一人
僕はリナックスの核になっているプログラムの5から10パーセントを書いたにすぎない。けれども重要なのは、僕がそのプログラムをはじめたということだ。
まず第一に考えたのは、キープ・イット・シンプル、つまり、より簡単にということなんだ。
マシンが高速すぎて困ることはないのだから。
いいソフトウェアを書く秘訣?
ミルクとクッキー、それにアイデアさ。
死ぬ覚悟ができていれば、人生が変わる
黄金というものは、不美人を美人に染めあげる。
インターネットは、消費者にまさに選択肢を提供することだと思います。
「誰も成功していない」のは、アイデアが悪かったのではなく、
やり方が悪かった結果という可能性もあります。
我々は、絶えず線幅を細かくし、プロセスを複雑化し、ウエハーの集積度を高めている。
つまり、ひとつのチップに詰め込む機能を増やし続けている。
独自のアイデアというのはありませんでしたね。注文されたものは受け入れる、というのが私たちの考えでした。
世界が勝手に変わったんだ。僕らはたまたまその変化の真っ只中にいただけなんだよ。
ただ、それを僕が感じていたことはとても重要で、結果的に新しいことを生み出すことができたんだよ。
情報を取り出すのに利用する機器が何であれ、取り出される情報は同じであるべきだ。
人は、不要な複雑さから解き放たれて当然なのだから。
どんな技術も悪用されうるもので、それが協力であるほどリスクも伴う。
一言で言って、電信の時代に戻ろうというアイデアでした。
成功するためには、みんながすでに知っているような種類のゲームを考えなくてはいけませんでした。
どこの酔っぱらいでもプレイできる、シンプルなゲームです。
私自身がつくったソフトウェアがコピーされて広がることがうれしかった。
複雑化した問題を扱う能力を改善できるなら、人類に著しく貢献できるだろう。それこそ自分の考えていたものではないか。
私がソフトを書くのは車や自家用機や邸宅などのハードウェアを買うためさ。
コンピュータの設計は芸術である。
すべての部品をひとつの材料からつくることができるなら、それらをみんなひとつの材料の中に入れてしまうほうが合理的なわけです。
我々は発明の恩恵によらねば生きていけない。
我々はきわめてメカニカルな時代に生きている。
人の代わりに機械をつくることはできない。
きみたち、いくら大問題を瞬時に計算できたところで、プログラムの設定に何日にかかっていては意味がない。
コンピュータほど社会の要請に応じてタイミングよく世に出た発明はない。
私は科学を魔術のように見せるのはいやなんです。

このページの先頭へ