アルトゥル・シュニッツラーの名言

男というものは、自分の愛している女を憎み、そしてどうでもよい女を愛するものだ。

スポンサードリンク

カテゴリ : 世界人間関係

前の名言 、次の名言

このページの先頭へ